憧れの田舎暮らし

当サイト「憧れの田舎暮らし」では、田舎暮らしを考えていらっしゃる方に、田舎暮らしの問題点や準備、田舎暮らし情報など様々なお役立ち情報を完全無料で発信しております。

田舎暮らしについて

これから田舎暮らしを始める人たちへ

田舎暮らしは都会で育ったあなたが考えるほどあまくはないですよ。

のんびり暮らしたいから田舎暮らしをしたい」等の夢は持たないほうが良いと思います!

ただし、向き不向きがあると思いますから、できることなら一度、短期間でも現地で暮らしてみたほうが良いと思います。

田舎暮らしの魅力

まずはじめにお伝えしたい事は、このサイトは田舎暮らしの良いところばかりを書いている訳ではないということです。はっきいって困難な部分や不自由なことにも触れています。
そこの所を十分理解したうえでいろいろご覧になってください。

一言で田舎暮らしといっても実現させるのは簡単なことではことではありません。それは資金面とか住む所、仕事のことなども重要なのですが、現実に暮らすとなると医療面や買い物、教育問題などかなり都会とはかけはなれた不便な環境に身を置かなければならないのです。これら生活事情は理屈では理解していたとしても、いざ現実になるとそれほど簡単に受け止められないこともあるのです。

しかし、それら悪条件と言われる不便なことを差し引いたとしても田舎暮らしには大きな魅力があると信じています!!
その地に馴染めばギスギスした人間関係に悩むことはないですし、見栄をはるような生活もしなくていいのです。のんびりした生活をできるとは限りませんが、身を削られるようなストレスからは開放されのではないかと思います。
多くの方が田舎暮らしに癒しを求めるだけではなく、都会の生活を田舎に持ちこまず、本当の意味での田舎暮らしを楽しむことができればだれでも楽しさが理解できると思いますし、そうなることをお祈りしています。

田舎の暮らしを味わいたい!いなかの暮らしを実現したい!あるいは田舎で仕事を見つけたい!!・・・などと言った方には少なからず参考になれば幸いです。

田舎暮らしに夢見ること

以前に比べれば先が見えない経済のせいか、それともあくせくした都会の生活に嫌気が差している人が多いのか、田舎暮らしを夢見ている人は多いと思います。

年金で暮らせる世代の方は比較的容易に実現も可能ではないかと思いますが、そうでない世代の方にとっては現地で何らかの仕事をして収入を得なければなりません。

いずれにしても事前に入念な準備と、情報を得ていかなければ、なかなか事が思うように運ばないのが現実です。

TVなどのメディアでは田舎暮らしに成功した人や、田舎暮らしの良いところが映し出されていて、ずいぶん明るい感じがしますし、なんとなく見ているだけで癒されます。

しかし、その人たちはそこまで来るのに簡単にできたわけではないのです。住み慣れた環境から知らない土地に移るわけですから、それなりの覚悟とエネルギーも必要としたはずです。

結局のところ、いかに田舎暮らしに夢を見続けられるかが重要なのではないでしょうか。

移住後の生活

悠々自適な生活を送り、畑で安全な野菜などを作り、おいしい料理を作り食べる!定年後の人生にとってはこれほど贅沢な時間はないかもしれません。

しかし、いろいろ調べて実現した田舎暮らしも、いざ田舎に暮らしてみると都会とは違ったストレスが溜まる人もいるようです。

そのため、実現した田舎暮らしを捨て、又もとの生活に戻る人も少なくありません。

綺麗な風景やのんびり流れる時間も、初めは疲れた体や心を癒してくれるかも知れませんが、それはいつまでも続きません。・・・飽きてくるからです!!

田舎暮らしを本気に成功させ、その地で豊かに暮らしていくためには、移住してからどんな生活を送るのか!あるいは何らかの目的を持つか!などが必要ではないかと思います。

お役立ち情報

公共空き家バンク

全国各地で空き家を紹介している、空き家バンクのページの一覧です。

公共機関のページを集めて掲載しております。

北海道・東北・北陸・信越・関東・中国・近畿・東海・四国・九州沖縄

田舎暮らし不動産情報

北海道・東北・北陸・信越・関東・中国・近畿・東海・四国:九州

田舎暮らし体験・お試し田舎暮らし

北海道・東北・北陸・信越・関東・中国・近畿・東海・四国:九州

農業体験ツアー

北海道・東北・北陸・信越・関東・中国・近畿・東海・四国:九州

クラインガルテン(滞在型市民農園)

北海道・東北・北陸・信越・関東・中国・近畿・東海・四国:九州

全国の市民脳炎・貸し農園・観光農園

北海道・東北・北陸・信越・関東・中国・近畿・東海・四国:九州

観光・旅行・穴場スポット

北海道・東北・北陸・信越・関東・中国・近畿・東海・四国:九州

田舎暮らしで新規就農を目指す

もともと農家に生まれていない人が農業を目指す場合はそれほど簡単ではありません。
と言うより、かなり難しいことだと思います。

しかし、近年では新規就農に対しての支援体制も確立されてきましたので、その制度を利用することを検討してみましょう。

2016/07/16